【ミニマリスト】減らすだけが目的ではない

シンプルライフ

近年、ミニマリストっていう言葉?概念?が流行りすぎて独り歩きしている気がする。

ミニマリストは、ただモノを減らせばいいって訳じゃなくて、自分が大切に出来る範囲の必要最低限のモノを所有して生きる人だと思う。世間のミニマリストに対する考え方と俺のイメージのギャップを埋めたい。

まそやんです。Twitterもやってます。

スポンサーリンク

自分軸で生きること

ここ何年間かでミニマリストが流行りすぎてる。「ミニマリスト○○」みたいに、名前の前にミニマリストをつける人が続出するくらいには流行ってる。メンタリストとかミニマリストとか、人ってほんと肩書みたいの好きだよね。

メンタリスト

そもそもミニマリストって、思考停止で信じてきた不必要な作業やモノを見直して、減らす。そうすることで残った必要なモノ、大事なモノも大切に扱う人だったはず。俺はそう思ってる。

世間軸ではなく自分軸で物事を図って、優先順位をつけて、生きていく。そんなミニマリストに憧れた。

でも最近は、影響力のあるミニマリストがいらないって言ってるからいらない。みたいな構図をよく見る。納得して取り入れてるっていうより信仰している感じ。信じる対象が世間から特定の誰かになっただけ。

何を言うかより誰が言うか

人は、何を言うかより誰が言うかを重視するって話は有名。これにならうと、俺がこんなことを言ったところで影響力持ってから言えってことにはなる。

けど、真実だったり本質が影響力とか権力に屈するのはなんか違う気がするから小さいながら、俺の声をあげておきたい。

スポンサーリンク

ストイックにミニマルするな

ミニマルすることにストイックになってたら本末転倒で、自分の中の優先順位を明確に持って大事なものは残す、不要なものは手放すっていうのが本来のミニマリストの姿だと俺は思う。

優先順位

必要なモノには必要な理由が、不要なモノには不要な理由が、自分なりの言葉で説明できて然るべき。誰々が言っていたからっていうのは理由になってない。そもそもミニマリストは憧れてなるものではない。

「とにかく減らす」が目的じゃない

少し俺の話をさせてほしい。

三月から夢の一人暮らしが始まる。家具を決めるに当たって、9畳のリビングにソファは買わないつもりでいた。ただ、ミニマリストを目指すばかりにソファを置かずに、気が休まるところがなくなっていたらこれまた本末転倒。

そもそも、ソファって必要?→ベッドに座ればいいから不要。って思うのか、ソファって必要→本をよく読むし、ベッドは寝るだけの場所にしたいから必要。って思うのかは人それぞれで違う。誰々が不要って言っていたから私もいらない。は他人軸で生きてくことになる。

読書

俺の場合、とにかくモノを少なくすることを意識しすぎてソファを置かないつもりだった。けどよく考えてみると、自分の見聞を広めるために読書はしたい。ベッドは寝るためだけの場所にしたい。イスはカウンターチェアのみの予定。ってなるとソファあった方が心地よく読書できるじゃん。ってなってソファを買うって結論に至った。

そもそも論に立ち返る

IT化でどんどん便利になっていく現代で、そもそも鍵って自分で開けるもの?洗濯物を干す時間って必要?電気って自分で付けるもの?ていうそもそも論に戻ることが大切。

ミニマリストってより、コダワリストになって自分だけのこだわりの暮らしを探していきたい。ああ今から一人暮らし楽しみだなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました